家族をこわす 家 間取り

家族を壊す家の間取り

家 間取り検索トップページ > 幸せの家の間取り > 家族をこわす 家 間取り


家族を壊す家の間取り


家族を壊す家の間取り―子供をゆがませる「間取り」―家族がうまくいく家づくりの知恵

新潟少女監禁事件、酒鬼薔薇事件、金属バット両親殺害事件…。凶悪事件の病巣は、彼らが育った家の「間取り」にあった! 引きこもらない、自立する、親子間に対話を生むように、住まいを変える設計アイデア。
プロローグ いま家族の間で何が起こっているか
第1章 子供の狂気はこうして育てられた!
第2章 こんな「家づくり」の発想が子供をゆがませる!
第3章 こんな「間取り」の発想が家族をゆがませる!
第4章 家族をこわす「間取り」を変えるアイデア
エピローグ 間取りの工夫で家族がうまくいく

レビュアー: カスタマー
最初の犯罪者の家の間取り、問題点も非常に参考になりましたが、後半の子供部屋を作る為のリフォームの間取りも大変参考になりました。実は新築か、中古物件か悩んでいましたが、この本にであって、参考にしながら中古物件を購入し、リフォームしました。現在、お子さんが大きくなって、個室をどうするか、またはリフォームを検討中の方にもいいですよ。

レビュアー: カスタマー
この本では、過去に犯罪を犯した人たちを数名取り上げて、彼らの育った「家」と、そこでの家族のあり方や、彼らへの影響についてかかれています。
戦後の日本では、マンションや一戸建て業者が、最大公約数的に部屋割りをした家が普及しました。それは、実際にすむ人の個々の生活スタイルを反映させたものではなく、必然的にそのスペースに家族のあり方をあわせる、ということがあたりまえのように行われてきました。

この本では、間取りの具体例を持って、住空間に対するそういった受動的な姿勢が及ぼす影響について言及しています。ただ、そういった分析や解説にとどまらず、家族のあり方とは、あるいは「家」の役割とは、という「家庭」の根本的なあり方について問いかけ、考察がされています。

家に!!住むとはどういうことか、家族と一緒に暮らすのはどういうことか、あるいはこれから自分の家を建てよう、買おうと思われている人は一読の価値があるとおもいます。

子供をゆがませる「家 間取り」―家族がうまくいく家づくりの知恵
価格:1,575 円(税込)
発送時期:通常24時間以内に発送
本書で推奨されている家 間取りの例。p.221とp.223?トイレの中を通らなければ、洗面所や浴室に行けない。p.227?トイレのドアを開けると目の前がダイニング。子供の机は幅・奥行き ...



間取りの実例解説はコチラ→